« "φ(・ェ・o)~メモメモ | メイン | ;φ(・ェ・o)~メモメモ(BlogPet) »

2005年10月16日

アップグレード・まとめ

MT3.171→MT3.2-ja-2の場合
(レンタルサーバー lolipop です♪・・
あくまでも、私の Blog の場合ですね)

いきなりDB Berkeley DB のまま・・
MT3.2-ja-2にアップグレードすると
エラーが出て上手く行かなくて・・もしも
MT3.2-ja-2にアップグレード出来なくても
サイトの表示が早くなるように・・取りあえず・・
MT3.171のままDBをSQLiteにすることに
したです(^^)

◆MT3.171のDBをSQLite 化

Ogawa::Memoranda さんのこちらのページから
  mt-db-convert.cgi をDLさせてもらいます♪
  (MTに付属の cgi を使っても出来るらしいですが
  エラーが出にくい方でやりましたです・・)

  mt-db-convert.zip というのを解凍すると・・
  中に2つのファイル mt-db-convert31.cgi
  mt-db-convert.cgi があるので・・今回は
  mt-db-convert31.cgi の方を使います♪
  (MT3.2のDBをSQLite化する時は
  mt-db-convert.cgi を使います・・)

  インストール・使用方法は、↑の Ogawa::
  Memoranda さんのページの通りです(^^)
  mt-db-convert31.cgi を実行した時の
  各項目の設定の仕方のところ・・SQLite
  の場合は「変換元のPassword」は入力
  しなくても良いです・・それから「変換先」の
  Databaseのところ・・「変換元」では・・
  ディレクトリまでの設定でいいですが・・
  「変換先」の方はディレクトリ/ファイル名まで
  入力しないと上手く作動しなかったですね(^^)
  (ファイル名は・・好きな名前を付けていいです)

 たとえば mt ディレクトリに sqlite というディレクトリ
  (フォルダ)を作って・・そこに db という名前の
  ファイルを作ることにしたら・・こんな感じで入力(^^)

  /home/sites/lolipop.jp/users/******/mt/sqlite/db
  で・・ convert ボタンを押す前に、必ず↑で指定した
  ディレクトリを作って・・その属性を 755 等に変更
  しておく必要がありますね・・ 

  小粋空間さんのこちらのエントリも思いっきり
  参考にさせてもらったです(^^)

② mt.cfg の書き換え

27行目 DataSource の前に # を付ける
38行目 # と空白を削除して
ObjectDriver DBI::sqlite に変更
39行目 # と空白を削除して Database の後に
SQLite にした時指定した絶対パスをコピペ

で・・書き換えた mt.cfg を同じところに
up して上書き・・そのあと、mt.cgi を実行
してサイトの再構築をすればSQlite化
は完了です(^^) (試しにエントリしてみて・・
 SQlite のファイルが更新されてれば・・OKですねっ)

◆MT3.171→MT3.2にアップグレード

SQLite化が完了していれば・・
あとは簡単(^^) ロリポップにもある
マニュアルどおりアップグレード作業
をしてもらったら・・成功ですぅ♪
(mt-config.cgi の設定は・・mt.cfg の
設定を参考にしてもらって・・同じように
SQLite用の設定にしましょう・・)

ちょっとね・・「再構築」でドキドキ
しながらだったけど・・終わってしまえば
すっきりって感じです(笑) 今までの
エントリや、コメントとかが多いほど・・
(長くやってる人ほど、エラーが出やすい
ような気がします・・データ量が多いから)
「再構築」も結構早くなったですね・・
SQLiteにしてから・・(^^)(^^)

投稿者 そら : 2005年10月16日 09:46

トラックバック

◆ このエントリーのトラックバックURL ◆

http://mt.anatani.info/mt-tb.cgi/367